お金借りる方法をまとめた当ページへようこそ!

「お金を借りる!けどどこで借りればいいの?」

 

こんな悩み初めてお金を借りようと思った方なら必ずあると思います。そもそもキャッシングって何?カードローンって何?と思う方もいるくらいなのでかなり最初は困惑すると思います。実は私もそうでした。お金借りる事自体が初めてでどの消費者金融を選んで良いのか...当ページではそんな方にとってお金を借りるガイドをするページです。お金借りることについての全てを網羅してこのページだけ見れば全てが分かる、そんなページを目指して運営していきます。

 

お金を借りるならキャッシングがおすすめ!

単刀直入に言いますがお金を借りるならキャッシングするのがおすすめです。お金を借りるのにキャッシングがおすすめな理由をまず紹介します。

 

お金を借りる金利が低い

最近の金融業者はかなり金利が低いのです。例えば、お金借りるのに30日間利息が0円だったり、数十万円借りても3%の金利とかなので、一昔前と比較してかなりハードルが下がっているわけです。少し前の時代ならサラ金=悪いイメージがありましたが、法が改正されお金を必要な人が適量だけ借りれる世の中になりましたね。お金を実際に借りてみればわかると思いますが、少しの手続きでホント簡単にお金を借りることができてしまいます。金借りる金利が安く素早くできるって本当に便利ですよね。

 

お金を借りて人に迷惑をかけない

お金を借りると聞くとすぐ誰かに借りることを考えますが、お金の貸し借りをすると必ずトラブルが起きます。そうならないようにお金を借りるならキャッシングがおすすめですね。

 

お金を借りる時、即日融資が受けられる

お金を借りようと思った時にすぐ借りれるのがキャッシングのいいところ。お金を支払うタイミングっていきなりやってくるじゃないですか。結婚式などのイベント事や治療費ってタイミングが予想できないですからね。お金を借りようと思ってすぐに借りることができるキャッシングというのはいまの時代当然のことなのです。

お金を借りるならキャッシング!利用前にこれだけは抑えよう!

消費者金融と銀行カードローンの違いを知ってお金を借りる

お金を借りるときは大きく分けて2種類グループ分けします。
消費者金融と銀行カードローンをご存知でしたでしょうか?前者がアコムやプロミスなどが代表する消費者金融、後者は銀行が発行するカードローンになります。信頼度で言えば、三井住友銀行やUFJ銀行が発行するカードローンに軍配が上がりますが、物事は一長一短です。銀行カードローンは審査に通りにくいと言われていたり、手続きが面倒だったりします。お金を借りる前にここでしっかり消費者金融と銀行カードローンのメリット・デメリットをもう一度おさらいしましょう。

 

お金を借りるなら消費者金融?
  • お金を借りた後無利息期間あり
  • 知名度のある消費者金融の一部ではお金を借りてから30日間無利息期間がある金融業者があります。借りたお金でも30日以内に返せれば金利が0%ということです。つまり、30日間なら無料で借りることができるということです。実際お金を借りている人の中でもこの無利息期間のみの利用をしている方もいらっしゃるのでこの特徴は消費者金融のかなり大きなメリットだと考えることができます。アコムやプロミスなんかの消費者金融では初めて利用する方に30日間無利息でお金を借りることができます。返す日付が近く、お金を返すことができるのなら消費者金融がおすすめですね。

  • 即日でお金を借りやすい
  • 消費者金融とカードローンの大きな違いとして、消費者金融はお金を貸すために特化したサービスであるということです。つまりお金を借りる人の様々なニーズをサービスに組み込んでおり、お金を借りるまでの流れが最適化されているんですね。即日でお金を借りたい人が多い故、即日融資でお金を借りることもサービスとしてやっています。消費者金融の大手では14時までに審査が終わっていればお金を即日で借りることができるので、それが多くの人が利用する理由であったりします。「お金借りたいなぁ」と思ってからすぐに借りれる環境があるというのはかなり便利ですよ。何があるかわかりませんからね。

  • 審査が通りお金を借りやすい
  • 審査がお取りやすいというのも消費者金融が人気な理由の一つです。というのは前述でも述べましたが消費者金融というのはお金を借りる人に最適化されています。銀行と違って貸すために特化しているサービスなので、それ故審査に通す人が多いと言われています。審査に甘い訳では決してありませんが、銀行の審査に通らない方が消費者金融で借りれたという話もあるみたいですので、審査に通る人が多いというのは事実かもしれませんね。

  • 電話による在籍確認の代替案が可能
  • お金を借りる時に在籍確認が嫌な方、結構いらっしゃるみたいです。在籍確認とはお金を借りようと申し込んだ金融業者が申込者が実際にその職場で働いているのか確かめるための電話になります。見ず知らずの人がサービスでお金を借りるにはある程度信用を示さなくてはいけません。消費者金融側は会社名を名乗りませんが、会社に電話が来たら困る方が少なからずいます。消費者金融というのはお金を借りる側の意見を最大限尊重してくれるのでこういった対応もしっかりしてくれます。申し込んだ後に掛かって来る電話やメールでの連絡に対して職場への在籍確認なしでお金を借りたいという旨を伝えましょう。それで在籍確認なしでお金を借りることができます。

 

お金を借りるなら銀行カードローン?
  • お金を借りる金利が安い
  • お金を借りるなら金利が安いというのは魅力的ですよね。銀行カードローンの方が消費者金融系よりも金利が安いのをご存知でしたでしょうか。銀行はお金を貸すことが専業ではないので、特に金利を上げる必要もないのかもしれません。長期間で返済予定を視野に入れているなら銀行からお金を借りてもいいかもしれません。お金を借りるときに気になるのが借りた分の利子。もちろん数%なのには変わらないですが、大金であればあるほど利子は高くなりますね。もしあなたが50万円-100万円、これ以上に借りる予定でしたら消費者金融で借りるよりも銀行カードローンでお金を借りたほうがいいと思います。

  • 信頼度が高く安心してお金借りれる
  • お金を借りるなら知名度があって信頼できる銀行から借りる方がいいという方もいらっしゃいます。三菱住友とかUFJとか誰もが知ってる銀行からお金を借りるというのは不自然ではないし、世間体を気にする方も中にはいらっしゃるんですよね。なぜだか多くの人がこういう理由で銀行カードローンでお金を借りているのは事実ですし、利用者は結構多いんですよね。みんなが知ってる銀行からお金を借りるというのは安心ですから、審査が比較的きついというのも考慮に入れても利用される理由が分かります。

  • 総量規制対象外
  • 銀行でお金を借りるときは総量規制対象外ということをご存知でしたでしょうか?総量規制とは年収の3分の1しかお金を借りることはできないと消費者金融のルールがありまして、お金の借り過ぎを防ぐ制度となっております。総量規制はもともとそういった理由で作られた制度ですが、これによってお金を借りれなくなった人が多くいらっしゃいました。それは専業主婦の方々です。旦那の稼ぎがあるけれど、本人は無職ですので、消費者金融ではお金を借りることができないのです。無職の方でもパートナーの稼ぎがあればお金を借りることができます。銀行カードローンの場合は総量規制対象外なので安心してお金を借りることができますね。

 

お金を借りる特殊なケース

今日中にお金を借りる
休日にお金借りる

お金を借りるときの豆知識

はじめてお金を借りるキャッシング業者の選び方

 

有名なところでお金を借りる

お金を借りるときには有名なところを選ぶのが最も賢い選択であることは間違いないです。知名度というのは安心につながりますよね。金融で言えば重要なファクターであるのは有名度で、有名であればあるほどお金もありますので、安心してお金を借りることができます。あなたが聞いたことがない金融業者などから借りようとすればそれは間違いです。お金を借りるときに借りる業者名を検索してみましょう。しっかりしていればOk、評判が良くなければNGです。闇金の場合もありますのでしっかり判断しなければ大変なことがおきますね。例えばありえないような金利で契約を結ばされたり、本当に大変です。実際にそういう例がありました。ネットで調べた結果甘い言葉に誘惑され契約を結んだらありえないような金利で詐欺にあったなど。本当に怖いのでプロミスやアコムなどの消費者金融、もしくは三井住友やUFJ銀行が発行するカードローンでお金を借りましょう。有名なところでお金を借りるというのがまず大事な1つです。

 

金利が安いところでお金を借りる

金利が安いところでお金を借りるというのはキャッシング初心者におすすめしたい選び方の一つです。これに関しては返済期間で考えた方がいいですね。例えば、単発で30万円借りて来月には全て返金できる!という方であれば、後述で説明させていただきますが、30日間無利息期間のあるアコムやプロミスでお金を借りるといいです。ですが、もし30万円を1年で返したいということになれば月々だいたい15000円返済していくことになります。こういう場合であれば銀行カードローンのほうが金利が安いので銀行カードローンでお金を借りるのがおすすめということになります。ケースバイケースであなたに最適な答えは変わりますが、どうせ借りるなら安いところを選ぶと良いでしょう。

 

多くの人が審査に通ってるところでお金を借りる

お金を借りることにおいて最も大事なのはお金を借りるための審査といっても過言ではありません。なぜなら審査に落ちると信用情報に傷がつくからです。だからお金を借りるときにする審査は絶対に通さなければいけません。しっかりお金を借りることがあなたの生活につながります。大事なことなのでもう1度いいます。「お金を借りるなら絶対に審査に落ちるな!」です。一度でも審査に落ちれば半年間は空けなければ別の銀行でも怪しいと思ったほうが良いです。初心者のかたは多くの人が審査に通っている金融業者を選択してお金を借りるのがおすすめですね。難易度でいえば、銀行よりも消費者金融のほうがはるかに楽ですのでちょっと怪しいなと思っている方はまずは消費者金融からお金を借りるのが良いでしょう。個人的にアコム、プロミスあたりが初心者にはおすすめですね。

 

お金を借りる時に行われる審査ってどんなもの?
  • 年収について
  • お金を借りる時の審査、まず始めに見られるのがあなたの年収です。年収とあなたが借りたい金額のバランスを見るためのものでもあります。消費者金融からお金を借りる場合、「総量規制」というルールがあります。これは年収の3分の1しかお金を借りれないという決まり事なので、あなたが借りたい金額が年収の3分の1以下である必要があるのです。そのため、まずあなたの年収が聞かれます。そしてその額が本当に正しいのか、多くの場合収入証明という給与明細などの提出が必要とされ、確定されれば審査に通ることができます。50万円いかないくらいであれば、多くの方が審査に通っていますが虚偽の申告をしないよう、心に誓いましょう。

  • 返済能力があるかどうか
  • 年収を聞いた後、実際に返済能力があるのかどうかを見られます。どういうことかといえば、年収が例えば400万円で子供が3人、親まで養っているとしたら、毎月返済できるお金はほぼないでしょう。年収は確かにありますが、キャッシング業者に返済できるお金なんてほぼないようなものです。つまり、返済能力なしとされお金を借りることができなくなります。年収と借りたい金額をクリアしているけど、他の業者からもお金を借りていたりしたら、NGの場合もあります。総量規制に合計でかかっていたりする場合やローンの返済もあったりすると貸しても返せないと判断され返済能力なしとされ審査に落ちる可能性があります。実際の数字だけでなく、そういった裏の情報もキャッシング業者は全て把握しているので嘘はつかないほうがいいです。

  • 居住形態について
  • お金を借りたいと思った時、指名や住所はもちろんのこと、収入、に加え居住形態と年数を聞かれる場合があります。これは多くの場合審査に影響を与えるものですので、しっかり答えましょう。お金を借りるときにはどんな家に何年住んでいるのか?が大事になります。基本的に自分の家を持っている人が強く、引っ越ししたばかりや下宿中などというのは少しマイナス点になる場合があるのです。①自己所有②家族所有③借り家④下宿の順に経済力があると認識されるのでうまい答え方をしましょう。自己所有というのはお金を借りたいと思う時だけでなく、カードを作る時の審査でも大事であることが多いです。

 

お金を借りる時に気をつける3つのポイント

1.ヤミ金からは絶対にお金を借りるな

お金借りようと思った時に思い出す「ヤミ金」という言葉。自分はそんなのには引っかからないよ!と多くの人が口を揃えていいます。ヤミ金は違法な貸し付けを行う金融業者のことを指します。利息制限法を守らない金融業者と言い換えてもいいかも知れません。こんなところでお金を借りればありえないくらい金利を払うことになったり、追い込まれたりするので絶対にやめましょう。ヤミ金からお金を借りるとどうなるのか、少し說明しましょう。

 

・高利貸し
ありえないような金利でお金を貸す金融業者です。最近ではヤミ金ウシジマくんがこれに相当しますね。お金を借りるととんでもない金額を請求されるあれです。

 

・090金融
090から電話番号が始める金融業者です。お金を貸すことを仕事とする場合には固定電話の登録が必要になるという決まりがあります。捨てられる怪しい携帯番号を使って、お金を借りた人を追い詰めます。

 

他にもたくさん闇金と言われる業態はありますが、本当に怖いですよね。少しでもお金を借りれば、執拗に追い詰めてきます。社会では表に出れないような人間がお金を貸し借りしているので、そういった業者からはお金を借りないようにしましょう。

 

 

2.お金を借りる時に嘘はつくな!

お金を借りたい!そんな気持ちは痛いほどわかります。給料日前でお金が必要になることは誰だってあります。例えば、身内の結婚式、病院代、学費、急にお金が必要になるイベントは数あります。「絶対お金を借りたい」「審査に落ちれない」という気持ちが話をこじらせる場合があるのです。お金を借りるには各々消費者金融、銀行がする審査に通らなければいけません。お金を借りるということは信用が大事なので当然個人情報を聞かれるわけです。年収、職場、本名、住所など。こういうお金を借りるのに大事な情報を伝えず虚偽の情報を伝える方がたまにいらっしゃいます。年収の虚偽、氏名の虚偽、職場の虚偽など。ハッキリいって、こんなところで嘘をついても全くの無意味です。在籍確認が取れなかったらお金なんて借りれないですし、消費者金融が裏で持ってるデータを紹介すれば、嘘なんてすぐにバレるのです。

 

3.審査には絶対落ちるな!

お金を借りる時には審査がつきものですが、この審査に落ちるとあなたの信用情報に傷がつく可能性があります。審査に落ちた情報というのは金融業者ないで共有しているため、どこで借りようとして、どこで審査が落ちたかなんてというのはすぐにバレてしまうのです。ある種のシンジケートのようなものを金融業界で作っており、ブラックリストなどを共有しているのです。例えば、プロミスの審査に落ちて、アコムでお金を借りようとした場合、アコムはプロミスで審査に落ちた情報、もちくはどこかの審査で落ちたという情報は確実に耳に入っています。つまりどこかで審査に落ちれば、どんどんお金を借りづらくなってしまうので、特に最初は絶対に審査に落ちては行けないのです。この情報を知った上で多くの方が審査に通っている消費者金融、もしくは銀行カードローンに申し込みましょう。お金を借りる時に選ぶ業者の選び方が変わりますね。

 

お金を借りるまでの流れ

お金を借りるまでの流れって初めてお金借りる方からすると分かりづらいですよね。ここではその流れについて説明させていただければと思います。金融業者からお金を借りる場合はヤミ金を除き、この流れになりますのでしっかり抑えておきましょう。

  1. 申し込み
  2. お金を借りたい金融業者を選んで公式HPから申し込みすることです。

  3. 審査
  4. 金融業者が申込者が信用に足る人物なのか審査を行い、キャッシングできる金額をおしえてくれます。
    「30万円までの融資が可能です。」などの連絡が来ますのでそれに対して返答します。

  5. 審査回答
  6. 融資可能金額に対していくら融資してほしいのか返答するフェーズです。

  7. 書類提出
  8. 必要金額を借入するまえにキャッシングで必要な書類を提出します。

  9. 在籍確認
  10. 申込者の提出した情報が本当に正しいのか裏を取ります。職場連絡などで在籍確認を行います。

  11. 契約
  12. キャッシング前に必要な契約を結びます。返済シュミレーションや金額などもここで確認することができます。

  13. 借入
  14. お金を借りることができます。

 

キャッシング以外でお金を借りる方法

 

両親からお金を借りる

無金利で借りようと思ったらまずは親にお金を貸してほしいと頼むのがいいと思います。友達や彼氏、彼女と違って肉親ですし、なんだかんだ貸してくれるのではないでしょうか。その場合、なぜお金が必要なのか、いつ返すのか、そして感謝の言葉をしっかり話しましょう。

 

友達からお金を借りる

友達からお金を借りるのは信用が問題です。家族でもパートナーでもなく友達関係というのは一度信用を失えば、一気にお金にだらしないやつだという烙印を押され、同じコミュニティー内で噂話が一気に広まると考えても問題ありません。友達からお金を借りるということはそういういことなのです。普通の感覚であれば、お金を借りる仲というのは微妙な関係が多いことがあります。なぜなら、借りたいといった人は逃げられてもいい仲だと思われている可能性がありますね。もし、あなたが言われたなら貸したお金がなくなる覚悟をした上で貸す、か、丁寧に断りましょう。もし本当に困って友達からお金を借りなければならない時にはなぜお金を借りるのか、しっかり説明していつまでに返すのか、いくら必要なのかを熱意を込めてしっかり話しましょう。借りたお金は絶対に返しましょうね。

 

彼氏彼女からお金を借りる

お金をかりる時に身近な人から借りるのが最も堅実な選択肢であることは理解できます。いつも一緒にいる彼氏彼女からお金を借りるなんてことありませんでしょうか。彼氏や彼女というのはあなたの信用をしっかりと見てくれているに違いありません。お金を借りる時に貸してくれないのなら、あなたはそれまでの人間だと思われていても不思議ではありません。そうなったら消費者金融、もしくは銀行カードローンでお金を借りましょう。彼氏や彼女からお金を借りるメリットとしては返済の量と期間がお互いの人間関係次第ということですね。金利も無いですし。ただし、お金を借りたら絶対に返しましょう。

 

国からお金を借りる

 

お金借りるのが不安なQ&A

家族に内緒にお金は借りれるの?

お金を借りる時に不安なのが、家族に内緒で借りれるか、ということですよね。
これは男性の立場でも女性の立場でも十分に理解できます。まず男性の立場ですと、家計をやりくりされすぎて欲しいものもかえない!とか、家族に黙って出張先で遊んだりする時とかにお金が必要になるのは当然です。女性の立場なら、お金を借りてエステとか娯楽に、もしくは贅沢な女子会にお金を使いたかったり、お金を借りるタイミングはどこにでもあります。そんな時、内緒で借りれるのか気になるんですよね。単刀直入に言えば、家族に内緒でお金を借りることができます。例えば、大手消費者金融では契約書を自宅に送ったりしませんので、証拠となるものはありません。近くの自動契約機で契約して足がつくような書類は別のところに保管しておきましょう。家族にバレる可能性について箇条書きしておきます。

  • 契約書やカードが自宅に郵送される
  • 返済の督促が届く
  • 在籍確認で同僚にバレる

このポイントは家族や知り合いにバレる可能性が強くなるところですので、十分にお気をつけください。

 

お金を借りる前に

お金を借りる前にもう1度本当に必要なお金なのか考えてみましょう。借りたお金は返さなければいけません。もし、返済が滞ればあなたの信用に傷がつく可能性があります。お金というものを活かすも殺すもあなた次第。しっかり考えて使ってみましょう!